自分にとって最適なバストアップ方法

バストアップについて

大きなバストは、女性にとって魅力的です。

 

胸を大きくしたいと思う女性も多いと思います。

 

あなたは、バストアップについて十分な知識がありますか。

 

まずは、バストアップの方法と、メリット・デメリットを正しく理解することから始めましょう。

バストアップとコンプレックスについて

doctor

「胸が小さくてオシャレを楽しめない」、

 

「胸が小さいのが悩みで、恋愛に臆病になってしまう」、

 

「出産後、体型がくずれて胸が縮んだ」、

 

「最近、胸がたれてきた」

 

など、胸にコンプレックスを抱く女性は大勢います。

 

 

 

でも、自分の体にコンプレックスがあるのは、

 

自然なこと、当然なことなのです。

 

胸を大きくしたいと願うのはあなただけではありません。

 

恥ずかしいことではありません。

 

自分だけで悩むのはやめて、どうしたらいいか、いっしょに考えましょう。


バストの大きさはどうして決まるのでしょう

人のバストの大きさは乳腺の量によって決まります。

 

この乳腺とは乳首の周りを囲んでいる、触るとグリグリする部分のことです。

 

それを刺激して増殖させるのが女性ホルモンの役割なのです。

 

 

 

 

女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌され

 

多ければ多いほど脂肪がつきやすく、バストも大きくなっていきます。

 

この時期に激しいスポーツや多大な精神的ストレス、過剰なエネルギーの消費があると

 

女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの発育が妨げられてしまいます。

 

 

 

この女性ホルモンの量を調節しているのが

 

精神の影響を受けやすい、脳下垂体にある視床下部なのです。

 

したがってストレスをためることがバストに悪い影響を与えてしまうのです。

バストアップの方法について

バストアップと一口に言ってもいろいろな方法があります。

 

豊胸手術、マッサージ、サプリメントなどがそうです。

 

それぞれの特徴を簡単に説明しますので、メリット・デメリットをよく理解し、

 

自分にあった方法を実践されてはどうでしょうか。

 

豊胸手術

 自分の理想とする大きさや形にする事が出来る。また、マッサージやサプリメントでは即効性がないが、豊胸手術なら、短い手術時間でその日のうちに豊かな胸を手に入れる事が出来る。
 ただし、金銭的には他に比べて最も高い。

エステサロン

 光を当てるだけのシンプルなエステからマッサージをしたりヒアルロン酸を注射したりとエステサロンにより方法は様々だ。豊胸手術とマッサージの間に位置する。
 1回に払う金額は数千円から数万円だが、何回も通わなければ効果が出ないので時間とお金に余裕がある人向けである。

サプリメント

 服用するだけでバストアップが実現できる。サプリメントで女性ホルモンを補うので、女性らしさが増したり、整理不順が治ったりという相乗効果も期待できる。
 反面、逆にホルモンバランスが崩れ、月経周期以上や過剰生理痛などの副作用が起こる場合もある。

マッサージ

 必要なのは、マッサージ方法を知るための費用、マッサージクリームやジェルぐらいと、とにかく金銭的には最も安い。自宅で気軽に行え、他人に知られずに出来るというのも大きなメリットだ。
 ただし、短期間でAカップからEカップになるというような劇的な変化や即効性は期待できない。

食事療法 イソフラボンを多く含む大豆やキャベツ、かぼちゃなど、バストアップに効果があると言われている食材をバランスよく摂取する。